pachiハム

スポンサーリンク
勝ち方、立ち回り

ストロークを調整して回りやすい位置を探す

玉をどの位置に飛ばすかによって回転率に差がでる機種もあるので少し解説しようと思います。 年々ストロークに差がなくなってきたとはいえ、ワープの位置が狙える位置であったり、寄りの振り分けのある機種によっては大きく変わる場合もあります。 ...
勝ち方、立ち回り

大当たり時の打ち方について

この回では大当たり間の止め打ち、技術介入について説明をしています。
勝ち方、立ち回り

通常時の打ち方について

パチンコでは単に打ちっぱなしにするよりかは玉を節約した打ち方や玉を増やす打ち方、入賞口に向かいやすいストロークの打ち方など技術介入要素を盛り込むことによって優位性を上げることが可能です。
勝ち方、立ち回り

換金ギャップを利用し持ち玉比率を上げる

パチンコには店ごとによって換金率の違いがあります。 今回はその換金率の違いによって打ち手に優位性のある立ち回り方をお教えします。
勝ち方、立ち回り

パチンコでよく回る台を探すための釘読みなど

パチンコで勝つためによく回る台を打つのは必須条件となります。釘調整によって回る台を選定するわけですが、釘読みが難しいと思われることでしょう。釘読みを完璧にすることなく立ち回る方法もあります。
勝ち方、立ち回り

パチンコはボーダー以上の台を打つこと

パチンコの勝敗を左右するのはボーダーライン、これを解説します
勝ち方、立ち回り

パチンコで勝つには完全確率を意識すること

パチンコの大当たりの仕組みは完全確率です。毎回転抽選を内部で行って大当たりを出すということを理解できるよう解説します。
自己紹介

パチプロになったきっかけ

私は2002年当時は普通にサラリーマンをしておりました。 勤務時間が少し変わっていまして、夜勤時は朝の9時に終わる仕事だったので帰宅して軽くシャワーを浴びて寝ずにパチンコにいける環境にありました。 こうした勤務形態だったのでパチ...
自己紹介

はじめまして

はじめまして、2002年頃から2013年末までパチプロをしていましたpachiハムと申します。 このブログではパチプロになったいきさつ、どういった立ち回りをしていたか、収益にはなったのか、当時どういう台を打っていたか、今後のパ...
スポンサーリンク